タバブックス「仕事文脈vol.6」 [00821]

タバブックス「仕事文脈vol.6」 [00821]

販売価格: 600円(税別)

(税込価格: 648円)

数量:
キャリアアップや労働問題といった、よく見る議論とは少し違った文脈で仕事について取り上げた雑誌、第6号目。今回の特集は「旅と仕事」です。

仕事しながら長い旅をするって、一般的には難しいことだと思われている気がします。が、そんな常識を物ともせずに旅しながら仕事をしている人がたくさんいるのも事実。旅と仕事は両立できるのか…。旅が好きな人なら必読の特集です。




A5・88ページ

目次

特集:旅と仕事

仕事ははたらくこと、旅はあそぶこと?
仕事と旅は、対義語か。
あるいは動いて、でかけて、
みつかるかもしれない、しごとや何かいろいろ

働いていると、長い旅行に行けない。
旅ばっかりしてると、ちゃんとした会社には入れない。
この土地に住みたいけど、仕事がない。
この仕事は、この場所でしかできない。
ほんとかな?
移動しているうちになにか見つけたり、
とどまらないことを仕事にしてる人に聞いてみる特集です。

ノマドナース 動ける方法  谷口美紀
デモテープからの海外進出  THE SUZAN
移動して表現して アーティト イン レジデンス 「風林火山」と甲府の盆踊り 幸田千依
世界一周、それからしごと   medicala/くらしさ/KitchHike
引っ越し・デザイン・自営業   ゴロゥ
[公開インタビュー・出張文脈] 町内会からのオルタナティブ 祭りデザイナー・小林野渉

コラム
出張と旅の間 町屋春子
友だちは約束をまもらない ――沖縄民謡の世界  栗原康
  
連載:
仕事回文  杉野あずさ・里鵜ミリン
文脈本屋さん・3 動くお店 TrunkBooks/ひらすま書房
だいたい実録 39歳無職日記 後編 町屋春子
不安な女子学生と先生のダイアローグ 最終回 キャリアについて考える 渡辺説子
無職の父と田舎の未来 第6回 イベントを実施して考えた、田舎に埋もれる資産について 佐野和哉
ラクになる仕事  宮川真紀

表紙イラスト makomo
表紙デザイン 永井ミキジ
本文デザイン 小松洋子
タバブックス「仕事文脈vol.6」 [00821]

販売価格: 600円(税別)

(税込価格: 648円)

数量: