teke「棚から一掴み1-2-3」(KZA2企画) [00582]

teke「棚から一掴み1-2-3」(KZA2企画) [00582]

販売価格: 800円(税別)

(税込価格: 864円)

評論・情報・趣味系同人誌レビュー誌「棚から一掴み」の1、2、3号をまとめた総集編。108ページという大ボリュームです。アジアのインチキ玩具の紹介本、屋台のケバブの肉を撮影した写真集、工事現場のイラスト看板の分類本など、書店には並ばない珍書が多数紹介されています。

B5/108P

■当サークルの発行誌『棚から一掴み』の創刊号・第2号・第3号を収録
【創刊号】:特集「コミケで買う!はじめての評論・情報・趣味系同人誌」
 マンガ評論・焼肉食べ放題・メイド体験談・神社巡り・日本刀・都バス・廃墟など、ちょっと変わってて大変面白い本が買える、コミケの評論・情報・趣味系ジャンルのめぐり方について紹介。
【第2号】:特集「同人誌読書会へ行こう!」
 極上本に出会える、創作の刺激になる、同人誌読書会について紹介。コミティア代表中村公彦氏・読書会担当 河村氏、よつばの。読書会代表国里コクリ氏へのインタビューを通じ、読書会の起源と目的、魅力を明らかに。参加体験記も収録。
【第3号】:特集「評論島クロニクル 〜コミケ評論島の生まれた日〜
 コミケサークル配置図に「評論・情報」の文字が登場したのは何時か?過去コミケットカタログの全数閲覧によって明らかにする。加えて米沢嘉博氏の同人誌紹介記事から浮かび上がる評論系同人誌とコミケットの「ただならぬ関係」を考察する。
・また、各号の「評論・情報・趣味系同人誌レビュー」も完全収録。お気に入りの同人誌探しの手助けになれば幸いです。
■書きおろし&付録も追加収録
【書きおろし】各号の制作にあたっての裏話を紹介
【付録】tekeの参加した、よつばの。読書会(4〜9)各回の持込同人誌リストと一言紹介コメントを収録。読書会には1年間のおすすめ同人誌を40〜50冊程度セレクトして持ち込んでおり、おすすめ同人誌リストとしてお読みいただけたらと思います。
teke「棚から一掴み1-2-3」(KZA2企画) [00582]

販売価格: 800円(税別)

(税込価格: 864円)