木楽舎「葛飾北斎 萬福和合神(豪華版)」 [03103]

木楽舎「葛飾北斎 萬福和合神(豪華版)」 [03103]

販売価格: 11,700円(税別)

(税込価格: 12,870円)

数量:

商品詳細

浮世絵の巨匠・葛飾北斎が絵と文を手がけた全3巻の大作春画「萬福和合神」のデジタル復刻本3冊と、対訳つきの解説本1冊、計4冊のセット。
普通の春画は1枚の絵と文で完結するそうなので、全3巻というボリュームがまずすごい。
主人公は裕福な家の娘おさねと貧しい家の娘おつび。
春画的な営みがメインでありながら、人情味やおかしさやストーリー性もあり、読んでいてシンプルに面白いです。
とはいえ基本的にはエロマンガ的なハチャメチャ展開と情緒も何もない擬音&喘ぎ声の連続。
「江戸時代の人ってバカだったんだな」と呆れながらもちょっと親近感が湧きます!


(以下、発行元の木楽舎 公式サイトより)

和綴じ色摺半紙本を原寸大で忠実に再現しつつ、高精度のデジタル技術によって補正・修復した、江戸情緒を伝える色彩豊かな春画作品が完成しました。付録には物語の翻刻に加えて現代語訳、研究者による絵図の解説を完全掲載。少女たちの性遍歴から江戸の性愛を見事に描き出した、巨匠・葛飾北斎の野心作です。(底本に浦上コレクションを使用しています)

二人の女性の物語を三巻にわたり紡ぐ、江戸春画における画期的な作品。
鮮やかに再創造された浮世絵の魅力がここに。

全3巻+解説本(93頁)
作品解説・現代語訳=石上阿希( 大英博物館春画展プロジェクトキュレーター)/翻刻=赤木美智