タバブックス「仕事文脈VOL.11」 [2140]

タバブックス「仕事文脈VOL.11」 [2140]

販売価格: 700円(税別)

(税込価格: 756円)

数量:

商品詳細

現代の仕事のあり方について取り上げ、様々な切り口で
世の中に対して投げかけ続けているリトルマガジン「仕事文脈」の第11号です。

特集は「もしもし、体」。仕事をする以上、体が健康である方がいい。
しかし仕事のし過ぎでその体がボロボロになるという本末転倒は起こりがちなことです。
本号は「仕事仕事!」と焦る前にまず自分の体の声に耳を澄ましてみよう、と思わせてくれる一冊です。

A5/96ページ


(以下、公式サイトより)

特集:もしもし、体

健康、こころ、体力、見た目、仕事に向き合うのに必要なものは多いけれど、

体はひとつ、仕事だけのものじゃない。
仕事をする私、私をつくっている体。
体は仕事をしたがっているか。
情報ばかり多すぎる今、考える前にちょっと体に聞いてみる、仕事のいろいろ。

  健康か、食いたいのか  戌井昭人

  私を 半分に あります 加藤かなた

  小説・避難訓練 兼桝綾
  薄毛を整理する 加齢と見た目のはなし 梅沢紳哉
  ダイエットか? 人体実験か? パレオな男・Yu Suzukiの考える「体」の未来
  
死なないためのサボり方調査

  座談会 フリーランス的、健康診断事情

  インプット・ハイからの健康回帰 真剣に休むロックバンド、シャムキャッツインタビュー

  持てる体 しなやかじゃないアメリカのコメディエンヌ達 Ruri Clarkson
  休暇×仕事実験 合宿しながら編集

  へんしん不要 webサイト連載出張版

連載
  堅田香緒里 さわる社会学
 【新連載】
太田明日香「35歳からのハローワーク」
 【新連載】
チサ「虹色眼鏡」

  南陀楼綾繁「これも仕事だ!日記」

  まきせ記子「あちこちふらふら・お仕事放浪記」

  杉野あずさ・里鵜ミリン「仕事回文」

  文脈本屋さん・カネイリミュージアムショップ6

  仕事回文

  さのかずや「無職の父と、田舎の未来について」