山下メロ「ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ」 [02018]

山下メロ「ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ」 [02018]

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,024円)

数量:
(イースト・プレス社 公式サイトより
 http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2930
 http://www.eastpress.co.jp/jn/detail/?id=lkt1875987876

日本人が忘れていた“バブルの象徴” 史上初のガイドブック!

バブル期の日本には「ファンシー」があふれていた……。
当時観光地やスキー場などで大量に販売されていた、ある種の独特なお土産たち。
それらを「ファンシー絵みやげ」と命名して保護活動に勤しむ山下メロ院長が、
ダサかわいいアイテム群の魅力と文化的意義を解説。
誕生から発展、衰退の歴史、数万点もの多様性を生んだ時代背景などを、
貴重な600点以上のカラー写真と共に読み解いていく!

本書は、ファンシー絵みやげ研究家である山下メロが、2000店以上の土産店で調査を行ない、
9000点以上のファンシー絵みやげを収集・研究した集大成!

これまで日本人の記憶から忘れ去られていた
バブル期日本の“象徴”=ファンシー絵みやげの奥深い世界へのガイドブックです。


山下メロ(やました・めろ)
1980年代末期〜1990年代前半あたりを「平成レトロ」と呼び、
その1980年代とも1990年代とも違うバブル経済期独特の文化や庶民風俗を研究している。
中でも1980年代から1990年代に日本全国の観光地で売られていた雑貨みやげを
「ファンシー絵みやげ」と名付け、全国の土産店や売店を調査し、
まだ残されているファンシー絵みやげを保護する活動も行っている。
2018年現在、調査した土産店は2000店を超え、所有するファンシー絵みやげは9000種を超えている。
各種メディアでファンシー絵みやげの保護を訴えるほか、
ファンシー絵みやげに関する連載や、展示やトークイベント、鑑定会などを行っている。
山下メロ「ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ」 [02018]

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,024円)

数量: