得地直美「御所東考現学」 [01943]

得地直美「御所東考現学」 [01943]

販売価格: 1,000円(税別)

(税込価格: 1,080円)

商品詳細

「京都御所の東側から鴨川あたりまで」のエリアを指す「御所東」。その御所東周辺の風景、お店、民家、猫といったものをイラストレーターの得地直美さんがつぶさに見つめ、丁寧にスケッチしています。この絵がとにかく味わい深く、ずっと見ていられます。なぜかすごい勢いで増えている多国籍なレストラン、地蔵盆のことなど、御所東の今昔について知ることもできる一冊です。

175mm × 138mm/60ページ

(以下、公式サイトより)
歴史の街であり観光都市京都。観光でこの土地を訪れる人々は皆その文脈に引き寄せられ、「ハレ」の姿に惹かれるがあまり、この街のありのままの姿を見ることなく立ち去る方も少なくないことでしょう。

御所のお堀に出没する野良猫、名もなき町内のお祭り、道端のお地蔵さんに、京風でもなんでもない料理店。そんな見過ごしがちな街の面白さを再発見するためには「考現学」というアプローチが最適です。

古書と出版の街「神保町」のありのままを素朴に描いたイラストレーター得地直美さんに誠光社周辺のエリアを歩いていただき、この街の「ケ」をスケッチしていただきました。

巻末には『ブラタモリ』のナビゲーター役でおなじみ、「京都高低差崖会」の梅林秀行さんへのインタビュー記事「いま、京都を考現学的に歩く意味。」を収録。どの町ででもできる普遍的な路上観察のヒントがここに。

人混みをかき分け、並ぶ必要もない、のんびりした御所東散歩をどうぞお楽しみください。