kalas Books「小冊子 kalas 32号」 [01810]

kalas Books「小冊子 kalas 32号」 [01810]

販売価格: 574円(税別)

(税込価格: 620円)

数量:

商品詳細

三重県の津市に根付いて生活する人たちをインタビューし、全国へ発信している雑誌。

今号の主題は「振らない賽子(さいころ)」。人生における、やること・やったこと、そして、やっていないこと・やらなかったこと・やれなかったこと。振らずに手元にある賽子。そんな賽子を見つめながら、過去、現在、未来へと思いを馳せるような一冊です。

32号 目次

特集 振らない賽子
主題:振らない賽子
    持ち込まれるもの 古本と古本市
    意義の哲学 ツァラトゥストラはかく熟考す
    振らない賽子 東京・yuruliku・長谷川潔
    優しい越境 宮崎沢男さんと壊れた置き時計
    技を宿す手と手で 株式会社メルセンの鮫革
    残響の消える前に 走井山の梵鐘
地図:津のまち鳥瞰図
博愛:烏ノ保護観察会
写真:界隈 [松原 豊]
視点:サエズリ
    街烏 大門育ちの店屋の子[増田亮子]
焦点:絞り羽根
    朽ちた混凝土の記憶[中村光司]
住居:私の巣箱[伊藤悠子]
絵本:ストーブの娘 [つつみあれい]
古本:まちの古本棚
後記:烏ノ足跡
蛇足:凸凹ノ目