芸術誌系弾圧機構 メインストリーム創刊号 [00284]

芸術誌系弾圧機構 メインストリーム創刊号 [00284]

販売価格: 381円(税別)

(税込価格: 411円)

「お前ら戦後民主主義の薫陶を受け、人は生まれながらにして、かけがえのない個性という賜物を与えられ、その個性を最大限に伸ばし、ゆくゆくは存分にそれを発揮できる場が与えられていると信じている者たちよ。みんな違ってみんないい、とかさらっと言っちゃう愚民どもよ。

お前らは思わないのか。お前のその個性には何の価値も無いのだと。
個性の尊重、表現の自由という大義名分に味方されてお前が後生大事に育てているお前の肥大したその内面には、真に守られるべき何ものも残っていないのだと。いや、初めから何も無いのだと。

我々は個性の尊重の大義に甘やかされたお前らの芸術を嫌悪する。
我々は表現の自由の正義に担保されたお前らの内面を憎悪する」(創刊宣言より抜粋)


過激派現代芸術批判誌だけど、筋道立った思考の末に過激な結論になってるものからどストレートにヤバいものまで幅が広く、非常に読み応えのある本。
もちろん芸術は社会背景抜きに語られることはないので、原発問題と絡めた文章などもあり、かなり多角的に楽しめる内容となっている。

[目次]

東野大地 - 『メインストリーム』の芸術イデオロギー
トモサカアキノリ - ニゥルンベルクの側に立つ者
@No_001_Bitch - kidnap AKB48 AND RAPE THEM
松平耕一 - 反原発デモと日の丸――素人の乱vsはてなサヨク
田島逸郎 - 偏在する現実感を弾圧することは可能か
山本桜子 - 映画評『ワルキューレ』複製技術時代の首都掌握計画
千坂恭二 - エルンスト・ユンガーと文学の誕生
朧塚 - それは何処までも正しい悪意ある世界
末素生児 - 風化wander
松山孝法 - 法原発爆砕考
眞壁良輔 - 芝居が何が出来るのか、何をするのか
古澤圭介 - 真の幸せ
山本桜子 - 双六
芸術誌系弾圧機構 メインストリーム創刊号 [00284]

販売価格: 381円(税別)

(税込価格: 411円)