山田将史「北海道の廃駅2017」(インプレスR&D) [1728]

山田将史「北海道の廃駅2017」(インプレスR&D) [1728]

販売価格: 2,600円(税別)

(税込価格: 2,808円)

数量:
鉄道旅行家である著者が、2017年に廃止となる北海道の10の駅を巡り、写真と文章でその最期の姿を綴ったビジュアルブック。
情緒たっぷりの駅や鉄道写真の魅力は言うまでもありませんが、駅に向かう道中から丁寧に綴られるエッセイに著者の思い入れがたっぷり詰まっており、
読み物としてもじっくり楽しめる本に仕上がっています。
「車は使わず全て鉄道を利用する」という理念があるそうで、取材行程は相当ハードだそうですが、だからこそ消えて行く駅や鉄道にぴったりと寄り添うような、温かみのある文章が書けるのでしょう。
鉄道マニアでなくても楽しめ、資料性価値も高い一冊!

A4/120P/フルカラー

(以下公式より)

【2017年、また北海道から駅が消える──美麗な写真とエッセイで綴る、消え行く駅を巡る旅路! 】
最後に、駅がなくなる前に、自分の目で見届けたい。そんな思いでこれまで全国各地の廃止間近の駅を訪れてきた筆者が、とりわけ廃駅の多い北海道を訪れ、廃止される10駅を撮影。美しい北海道と間もなく廃止となる駅たちをフルカラーの写真とエッセイで構成した1冊です。
山田将史「北海道の廃駅2017」(インプレスR&D) [1728]

販売価格: 2,600円(税別)

(税込価格: 2,808円)

数量: