漫画雑誌 架空 No.16 [01600]

漫画雑誌 架空 No.16 [01600]

販売価格: 1,000円(税別)

(税込価格: 1,080円)

数量:
「ガロ系同人誌最後の砦」を自称する漫画雑誌「架空」の2017年春号はなんと15号と16号の同時発売です。16号は266ページのボリューム。他のどの漫画にも似ていないオリジナリティあふれる作品が並びますが、中でも川勝徳重「龍神抄」のヤバさはぜひたくさんの方々に味わって欲しいです。怪奇系の貸本漫画のような絵柄の中に脱力させられる笑いをひそませた傑作です!

●マンガ
小黒小豆「東京犬聞録」
亜蘭トーチカ「川へ行く」
箕芳「藻と貝」
三谷めめ子「春の天気は不安定」「ひこうき雲で腹十二分目」
勝見華子「一応、青空」
木下竜一「音信不通」
房のの友久「何かと無常」
川勝徳重「蝦蟇」「龍神抄」
嘉江「強盗計画」

●評論
可児洋介「『ねじ式』神話の成立―つげ義春のマーケティング戦略―」
内島すみれ「安部慎一の平面性と可能性」
川勝徳重「畳の目から『私漫画』を考える。〜1970年前後の『ガロ』の技法〜」「房のの友久作品のこと」

B5/266ページ
漫画雑誌 架空 No.16 [01600]

販売価格: 1,000円(税別)

(税込価格: 1,080円)

数量: