星羊社「横濱市民酒場グルリと」 [01155]

星羊社「横濱市民酒場グルリと」 [01155]

販売価格: 1,500円(税別)

(税込価格: 1,620円)

数量:
横浜の民衆文化を紹介するミニコミ「はま太郎」の人気コーナー「市民酒場を語る」をまとめ、書き下ろしを加えた一冊です。

第二次世界大戦の末期から、横浜では「市民酒場組合」が結成され、食料不足の時代の中で市民にお酒を提供して憩いを与えられるよう努めていました。今でも「市民酒場」の名を冠した居酒屋が横浜には点在しています。本書では古い歴史を持つ横浜の市民酒場を貴重な写真資料とともに紹介しています。

一店一店を丁寧に取材し、また、作家の山崎洋子や音楽家の大谷能生のコラムも収録し、横浜の酒文化を掘り下げています。横浜に行ったことがなくても、戦後の酒文化を知る上で重要な一冊となるはずです!

今なら可愛いコースターが特典につきます!

A5/200ページ

(以下、公式サイトより)
内容
実は横浜市内にまだ3店舗以上存在する「市民酒場」。
横浜にしか存在しない本物のレトロ酒場の酒肴と歴史を巡る!
定期刊行版『はま太郎』の連載「市民酒場を語る」を再編集。
新たな店舗取材も行い、書下ろし記事も追加した豪華バージョン。
市民酒場を育てた横濱下町の魅力については、山崎洋子さん(作家)・大谷能生さん(音楽家・批評家)・森直実さん(美術家)・ホッピー仙人(野毛のカリスマ店主)…他、地元在住の個性派執筆陣がエッセイで紹介。

その他企画色々。

1冊持って歩けば、昼飯から散歩、晩酌まで楽しめる。本当の横濱を愛する人、知りたい人に届けたい珠玉の1冊!!!
星羊社「横濱市民酒場グルリと」 [01155]

販売価格: 1,500円(税別)

(税込価格: 1,620円)

数量: